地域別の気温と服装

京都8月の気温や天気に合わせた服装やコーデまとめ!紫外線対策も

夏の暑さが全国各地ピークになる8月は、夏の終わりと秋の始まりを一度に楽しめる季節です。

ところが京都は、地元の人が辟易するほどの暑さで広い境内を歩き回るのは遠慮したくなるほど。

京都はとても素敵な街なので、室内ではなくいろいろな場所を散策したいですよね。

そんな京都へ8月に初めて訪れるという方は、「京都の8月の気温ってどれくらいなの?」「どんな服装で行けばいいのかわからない!」とコーディネートに迷ってしまいますよね。

日中の暑い日や湿気対策で店内ではクーラーを付けているお店もあり、体が冷えてしまう事も考えられます。

軽く羽織れるようなカーディガン等を持って行くと大変便利ですよ。

ナツ
ナツ
安心して。このサイトは気温や天気と服装の関係に悩む女性のためのお役立ちサイトなの。気象庁やAccuWeaherの過去のデータを元に、8月の京都で快適に過ごすための気温情報やおすすめのコーディネートを紹介するわ。

まずは8月の京都の平均気温について過去のデータを元に説明するので、すぐに8月の京都コーデを画像でチェックしたい!という方はこちらからご覧ください。

最後に8月の京都を満喫するための現地情報もまとめているので、あわせて参考にしていただけると嬉しいです♪

8月の京都の平均気温はどれくらい?

日本列島のほぼ中央に位置する京都府は、4,613.21平方キロメートルの面積を有しています。

これは、国土の1.2%で、47都道府県中31番目の大きさです。

そんな京都の8月は、厳しい暑さとなり梅雨明けと共に連日30℃を超える真夏日が続きます。

曇っていれば気温の上昇は多少抑えられるものの、蒸し暑いのが8月の京都府の天気の特徴です。

ナツ
ナツ
でも8月の京都は雨の日が続く事はあまりなく、基本的に気候は安定しているから旅行の計画も立てやすいのよ。

こちらの画像は、AccuWeaherによる2018年8月の京都の月間気温です。

グラフを参考にすると、平均最高気温が33.0℃くらい、平均最低気温が24.0℃くらいというところでしょうか。

気象庁のデータによると、過去2年の京都の8月の気温はこのようになっています。

京都の8月の気温(℃)
年度 平均気温 月間気温
日平均 日最高 日最低 最高 最低
2018年 29.5 35.0 25.5 39.5 18.6
2017年 28.7 33.6 25.1 36.7 21.9

8月上旬の京都の気温

8月上旬の京都は、夏真っ只中という気温です。7月に引き続き、8月の京都も紫外線がとても強い時期になります。

海や花火大会、お祭りなど夏ならではの楽しいイベントもたくさんありますが、気温や湿度が高く過ごしにくい時期。

その中でも京都は周りを山に囲まれた盆地であるため、風通りが悪く大変暑くなるんです。

気温に関しては2018年は8月に京都での観測史上一番高い最高気温39.5℃、最低気温18.6℃という日がありましたが、一般的には最高気温が35.0℃前後、最低気温が25.0℃前後くらいと考えておけば良いでしょう。

参考までに、2018年8月1日の最高気温は37.2℃、最低気温は25.8℃、8月10日の最高気温は34.6℃、最低気温は26.2℃でした。

8月中旬の京都の気温

8月の中旬もまだまだ暑い日が続き、夕方からは少し涼しくなる傾向に。

ですが日中は、風もほとんどなく蒸し暑さが続きます。

もちろん日中の紫外線もとても強いので、日焼け防止は必須。

25度を超える日は、汗ばむような暑さを感じるので京都の8月中旬も大変暑いと言えます。

2018年8月15日の最高気温は32.5℃、最低気温は27.3℃、8月20日の最高気温は32.6℃、最低気温は23.4℃でした。

8月下旬の京都の気温

2018年8月25日の最高気温は34.8℃、最低気温は28.2℃、2018年8月31日の最高気温は33.7℃、最低気温は24.2℃でした。

2018年8月下旬の京都は、上旬とさほど変わりなく暑い日が続きます。

夕方からも多少は涼しくはなりますが寝苦しい夜が続くので、8月の京都は熱中症対策も大切です。

ナツ
ナツ
おしゃれも大切だけれど水分の持ち歩きはもちろんのこと、適所で涼をとることも忘れてはいけないわね。でも暑いからと薄着で出かけると、風邪を引いてしまうこともあるので気をつけて。

とはいえ、気温だけ見てもどんな服装をすればいいのかピンとこないですよね。

そんなあなたのために、画像付きで8月の京都にぴったりな服装をご紹介します。

8月の京都におすすめの服装は?

京都の8月の日平均気温は2018年が29.5℃、2017年が28.7℃ということで、29.0℃前後に対応できる服装を意識しましょう。

ナツ
ナツ
8月の京都では涼しいコーデと、紫外線防止の小物やグッズを持ち歩くことを忘れずにね!

夏らしい素材で涼しいコーデ

ワイドパンツで清涼感を!

出典:WEAR

ワイドパンツは風通しも良く、肌に張りつかず涼しいのでおすすめです。

トップスにノースリーブや半袖のカットソーを合わせて大人っぽくコーデするのがポイント。

出典:WEAR

カラフルなストライプ柄のワイドパンツは、夏っぽさが感じられて涼しげにコーデできます。

足元はサンダルを合わせると歩きやすく、とても涼しいですね。

出典:WEAR

お腹周りが気になる、という方は大きめのTシャツを合わせるのも素敵です。

ベルトでゆるっとアクセントを付ければ、抜け感のある大人コーデに。

この商品の詳細を見てみる

ナツ
ナツ
綿と麻のワイドパンツなら、通気性も良く京都美人にぴったりのコーデが完成するわよ。

この商品の詳細を見てみる

ゆったりとしたシルエットのビッグTは、インをせずに着用できるから着やせ効果も抜群ですよ。

花柄ワンピースで夏らしくコーデ

春から夏にかけて人気の花柄ワンピースは、可愛らしさ、華やかさ、女性らしさが演出できるアイテム。

京都のデート服にもぴったりで、上品な雰囲気を演出できます。

出典:WEAR

淡いカラーの花柄ワンピースは、肌の色をきれいに魅せてくれる効果も。

ナツ
ナツ
首元がざっくりと開いたワンピースだと女性らしく見えるけれど、日焼け予防は忘れずにね。

出典:WEAR

花柄のワンピースに、薄手のジャケットを羽織るのもガーリーな雰囲気でかわいいですよ。

出典:WEAR

ガーリーすぎるのはちょっと、という方は、キャップと合わせるとカジュアルダウンしてオシャレに。

この商品の詳細を見てみる

フレンチスリーブになっている花柄ワンピースは、二の腕カバーにもなりふんわり揺れる袖が涼しげに見えます。

ナツ
ナツ
背が小柄な人は、花柄の小さいものを選ぶとバランスがとれるのよ。

この商品の詳細を見てみる

キャップはどんなコーデとも相性ぴったりで、紫外線防止にもなる優秀アイテム。

京都の8月に重宝すること間違いなしですよ。

チュールスカートで涼しくキュートに

出典:WEAR

ふわふわとしたチュールスカートは、透け感もあり涼しげな印象です。

春夏の定番アイテムですね。

出典:WEAR

黒のチュールスカートは、大人っぽい雰囲気で着やせ効果も。

ナツ
ナツ
たくさん歩く京都では、スニーカーと合わせると楽ちんで抜け感のあるコーデに仕上がるわよ。

出典:WEAR

女性らしいチュールスカートに、あえて黒のウエストバッグやスポーツサンダルを合わせるとおしゃれ上級者に。

この商品の詳細を見てみる

レーストップスで見た目も涼しいコーデ

出典:WEAR

ひらひらと風になびくレースは、夏らしさと女性らしさを兼ね備えることが出来るアイテム。

出典:WEAR

スカートと合わせてガーリーに、デニムやパンツスタイルとの相性もバッチリです。

出典:WEAR

シアー感のあるレーストップスは上品な雰囲気に。

クリアバッグを合わせると、夏らしくトレンド感たっぷりなコーデが完成します。

この商品の詳細を見てみる

8月京都の紫外線防止は小物でおしゃれに!

つば広帽子で紫外線カバー

出典:Instagram

つばの広い麦わら帽子やカンカン帽子は、かぶるだけで夏らしいイメージですよね。

ナツ
ナツ
シンプルなコーデにも、帽子をプラスするだけでオシャレに見えるからおすすめなのよ。

この商品の詳細を見てみる

女優帽のようにつばの広い帽子は、顔周りだけでなく首や肩も紫外線から守れるのでおすすめです。

日傘で大人女子コーデ

出典:WEAR

帽子でせっかくセットした髪型を崩したくない、という方に日傘はおすすめ。

この商品の詳細を見てみる

ナツ
ナツ
晴雨兼用だと突然の雨にも対応できるから、折りたたみの日傘を持ち歩くと便利ね。

気温や天気に合わせたコーデは服装指数も参考に

これまで過去のデータや体験談を元に8月の京都コーデを紹介してきましたが、過去のデータが参考にならないくらい暑かったり寒かったりする日もありますよね。

そんなときは、日本気象協会のtenki.jpの服装指数を参考に服装を考えるのがおすすめです。

tenki.jpでは調べたい地域の天気予報を10日先までチェックでき、天候に合わせた服装指数も表示されます。

こちらは参考までに京都市の2019年6月の服装指数です。朝晩の冷え込みに対するアドバイスなどもあるので、出発前に確認しておくと良いですよ。

気温と服装の目安について詳しくは、こちらの記事もご覧ください。

気温と服装の目安について!季節や温度に合わせたコーデもチェック気温と服装の目安はとても難しいですよね。どれくらいの気温でどんな服装を選べばいいのか、季節によっても迷うものです。そこで当サイトでは、気温や服装に合わせたおすすめコーデや人気アイテムを画像付きで詳しくご紹介します。気温と服装に関するアプリについてもまとめているので、ぜひ参考にして快適なコーデでお出かけください!...

おまけ〜8月の京都の楽しみ方〜

京都の8月といえば、「五山送り火」。

毎年8月の16日に行われる「五山送り火」では「」の文字が有名です。

大文字』『妙法』『船形』『左大文字』『鳥居形』の形を京都を囲む5つの山に灯し、お盆に自宅に帰ってきたご先祖様をあの世に送り出すために行う行事です。

普段なかなか見ることのできないイベントなので、カップルで訪れても素敵ですね。

また京都の七夕は旧暦で行われるため「七夕祭り」が7月ではなく8月に行われます。

堀川と鴨川の2会場で盛大に行われる七夕まつりに合わせて、寺社仏閣でもライトアップされるなど夏の終わりを飾るにふさわしい行事。

ナツ
ナツ
京の七夕絵はがき短冊』に願いを書き込むと、五山送り火・清水寺で炊きあげしてもらえるのよ。

風情のある京都での8月ならではのイベント、ぜひ足を運んでみてくださいね。

まとめ

今回は、京都の8月の気温と服装についてご紹介しました。

ざっくりまとめると、

・8月の京都の平均気温は最高35.0℃前後、最低25.5℃前後

・上旬は7月に引き続き暑い日が続く

・下旬は夕方からやや涼しくなるけれど、日中の紫外線は強い

・涼しい素材を使ったコーデで暑さを乗り切る

・風通しの良いワンピースで女性らしく

・京都の街は歩きやすい靴で快適に

・紫外線防止グッズで上手に日焼け防止を

・8月の京都女子は涼しげで女子力高いコーデが上手

という感じですね。

京都の8月は1年の中でも最も暑い月。

そんなときでもおしゃれをして楽しいイベントや観光ができるといいですね。