地域別の気温と服装

7月の北海道の気温や天気に合わせた服装やコーデまとめ!夏の暑さ対策も

北海道といえば、国内外から多くの観光客が訪れるほど人気ですよね。

自然があふれる観光スポットやグルメなど、1度では周りきれないほどの魅力にあふれています。

そんな北海道へ7月に初めて訪れるという方は、「北海道の7月の気温ってどれくらいなの?」「どんな服装で行けばいいのかわからない!」とコーディネートに迷ってしまいますよね。

特に北海道は広いので、道内でも行く場所が変わるだけで全く別の県のように気温差があります。

ナツ
ナツ
安心して。このサイトは気温や天気と服装の関係に悩む女性のためのお役立ちサイトなの。気象庁やAccuWeaherの過去のデータを元に、7月の北海道で快適に過ごすための気温情報やおすすめのコーディネートを紹介するわ。

7月の北海道といえばカラッとした空気や真っ青な空、木々のみずみずしさを感じられ、ベストシーズンといわれるほど気温にも恵まれている時期です。

暑すぎず寒すぎないので、コーデのポイントさえ押さえれば服装にもあまり悩まずに好きなオシャレをして出かけられますよ。

当サイトでは、札幌市を中心に旭川函館釧路など道内の気温差についても解説します。

まずは7月の北海道の平均気温について過去のデータを元に説明するので、すぐに7月のおすすめコーデを画像でチェックしたい!という方はこちらからご覧ください。

最後に7月の北海道を満喫するための現地情報もまとめているので、あわせて参考にしていただけると嬉しいです♪

7月の北海道の平均気温はどれくらい?

こちらの画像は、AccuWeaherによる2018年7月の北海道札幌市の月間気温です。

グラフを参考にすると、札幌市の7月の場合は平均最高気温が22.0℃くらい、平均最低気温が15.0℃くらいというところでしょうか。

気象庁のデータによると、2018年の北海道の7月の気温はこのようになっています。札幌・旭川・函館・釧路の4箇所と東京の7月の気温と比較してみてください。

北海道の7月の気温(℃)
2018年 平均気温 月間気温
日平均 日最高 日最低 最高 最低
札幌 21.4 25.7 18.2 33.9 10.5
旭川 21.3 26.5 16.9 34.1 8.1
函館 21.2 24.8 18.5 30.5 12.4
釧路 16.5 20.0 14.2 30.1 9.0
東京 28.3 32.7 25.0 39.0 19.1

表を見ると、7月の北海道はどこのエリアもさほど気温差がないということが分かります。

ただ、1日の寒暖差は激しいことも分かりますね。

日中はTシャツ一枚でいいほどの暑さ、夕方からアウターが必要なほど寒くなる日もあるということです。

ナツ
ナツ
旭川は北海道内でも寒暖差が激しいことで有名なの。1日の間でも20℃以上気温差がある場合もあるから、7月でも気温の変化に注意しておいてね。

観光地として有名な道南の函館は対馬暖流の影響を受けているため、北海道の中では最も温暖な気候とも言えます。

反対に道東の釧路の沿岸部は一年を通して冷涼で、夏でも20℃に満たない日が多いです。しかし内陸部では30℃以上の真夏日を記録することもあります。

ナツ
ナツ
東京の7月は最高気温が39.0℃にもなる日があるけど、北海道はそれに比べると過ごしやすい気温ということが分かるわね。

ここからは札幌市の気温を細かく見ていきますが、北海道は東京都の約36倍の広さと言われるほど広いので、旅先ごとに気温チェックを忘れないようにしましょう。

7月上旬の北海道札幌市の気温

7月上旬の北海道は湿気のない爽やかな風も吹き、街中にいても爽快感があります。

日中は気温が高くなり、半袖などでよい日も。

ただ、7月の北海道も気温差が激しいので羽織りものは必携です。

気温に関しては2018年は7月に最高気温33.9℃、最低気温10.5℃という日がありましたが、一般的には最高気温が25.0℃前後、最低気温が18.0℃前後くらいと考えておけば良いでしょう。

参考までに、2018年7月1日の最高気温は25.1℃、最低気温は20.1℃、7月10日の最高気温は24.6℃、最低気温は17.1℃でした。

7月中旬の北海道札幌市の気温

7月の中旬の北海道の気温は、だんだんと夏らしきく上旬よりも暖かくなってきます。

ですがまだ朝晩は気温が低く、寒暖差があるので軽い羽織りは必要。

日差しも強くなるので帽子やサングラス、日焼け止めなど紫外線対策もきちんとしておきましょう。

2018年7月15日の最高気温は22.9℃、最低気温は18.5℃、7月20日の最高気温は29.3℃、最低気温は21.2℃でした。

7月下旬の北海道札幌市の気温

2018年7月25日の最高気温は29.7℃、最低気温は19.4℃でした。

この時期、北海道とはいえ気温は一気に気温も上昇。

日中はとても暖かくなり、30℃近くまで気温が上がり夏日になることもあります。

2018年7月31日の最高気温は33.9℃、最低気温は23.7℃でした。

ナツ
ナツ
日中は30℃を超える真夏日が続くけれど、朝晩は熱帯夜というほど暑くもなく過ごしやすい気温なのよ。

とはいえ、気温だけ見てもどんな服装をすればいいのかピンとこないですよね。

そんなあなたのために、画像付きで7月の北海道にぴったりな服装をご紹介します。

7月の北海道におすすめの服装は?

北海道札幌市の7月の平均気温は2018年が21.4℃ということで、21.0℃前後に対応できる服装を意識しましょう。

ナツ
ナツ
札幌以外を訪れる場合は気温がちょっと変わるから注意してね。オホーツク地域や利尻・礼文の離島を訪れるならジャケットが必要になるわよ。

7月の北海道にぴったりの服装コーデは?

ハーフパンツで涼しいコーデ!

出典:WEAR

北海道の7月は日中はとても気温が高いので、ハーフパンツで涼しいコーデがおすすめ!

トップスも薄手のTシャツやカットソーで、夕方からの冷えに対応する為に羽織りは持ち歩きましょう。

出典:WEAR

ネイビーや黒のハーフパンツは、子供っぽくならずに大人女子にもピッタリ。

ノースリーブで涼しげなコーデは見た目も涼しくておすすめですよ。

出典:WEAR

ハーフパンツはカジュアルなイメージですが、女性らしくコーデしたいならベージュ系の淡い色を合わせると柔らかい印象に。

この商品の詳細を見てみる

繊細で大人な抜け感を演出するレースカーディガンは、ヴィンテージっぽいから甘くなりすぎずさらっと羽織るだけでオシャレ上級者に。

この商品の詳細を見てみる

短すぎない絶妙なハーフパンツは、大人女子にぴったり。

オーガニックコットン使用だから、素材の良さとカタチの良さで上品にコーデできますよ。

動きやすく涼しいTシャツワンピはいちおし!

出典:WEAR

ただのTシャツじゃ物足りない、という方にぴったりなTシャツワンピ!

デニムやレギンスと合わせてすっきりと夏コーデしちゃいましょう。

ウエストポーチは、両手が自由に使えてコーデのポイントにも。

出典:WEAR

デニムやレンギンスの他に、プリーツスカートをのぞかせると一気に女性らしくなります。

ナツ
ナツ
ベルトでウエストマークしてあげると、抜け感のあるコーデが完成するわよ!

出典:WEAR

今季大注目されている「すみれ色」をチョイスすれば、大人女子コーデに。

合わせるバッグや小物によって、いろいろなコーデが楽しめるアイテムですよ。

この商品の詳細を見てみる

こちらの細ベルトは、ゴールドのバックルがコーディネートにリッチなアクセントをプラスします♪

存在感は抜群で、コーディネートを引き立てる優れものですよ。

この商品の詳細を見てみる

こちらのTシャツワンピは、綿メインの生地で汗ばむ季節に最適の心地よい着心地。

定番のデザインにちょっとプラスな袖折り返しのデザインでおしゃれ見えするアイテムです。

7月の北海道にぴったりの足元って?

スポーツサンダルはたくさん歩くのにオススメ!

出典:WEAR

とにかくスポーツサンダルは、夏にぴったりのアイテムなんです。

1日中歩くことがあっても、疲れにくく動きやすいのが特徴。

出典:WEAR

とにかくどんなコーデとの相性も抜群で、夏鉄板のサンダルです。

出典:WEAR

ナツ
ナツ
ソックスを合わせてもかわいいわね、寒さ対策にもなるからおすすめよ!

この商品の詳細を見てみる

ウェッジソールサンダルで女性らしい足元に

出典:WEAR

ウェッジソールサンダルは、意外と高さがあるのに足が疲れにくいからおすすめですよ。

スタイルも良く見えて、歩きやすい一石二鳥のアイテムです。

出典:WEAR

パンツスタイルに合わせる場合は、クロップドパンツのような短めの丈のものと合わせるときれいにまとまりますよ。

出典:WEAR

ナツ
ナツ
白のパンツは足が膨張して見えるけれど、ウェッジソールサンダルを合わせると細見え効果も抜群なのよ!

紫外線防止におすすめのアイテム

カーディガンで冷房の冷え防止も

出典:WEAR

7月の北海道は日中とても暑くなり、逆に室内に入ると冷房で寒いということも。

カーディガンを一枚持っていくだけで、紫外線や冷房の寒さからも防げますよ。

出典:WEAR

カーディガンさえ一枚持っていれば、あとは薄着でも安心ですね。

使わないときは、バッグにしまったり腰に巻いておけるのも便利です。

この商品の詳細を見てみる

サングラスで目から紫外線防止

出典:WEAR

意外と知られていませんが、紫外線は目からも入ってくるんです。

おしゃれなサングラスをかければ、紫外線からも守れて旅行気分も盛り上がりますよ。

この商品の詳細を見てみる

上手に小物を使って紫外線から身を守れば、楽しい観光ができそうですね。

気温や天気に合わせたコーデは服装指数も参考に

これまで過去のデータや体験談を元に7月の北海道コーデを紹介してきましたが、過去のデータが参考にならないくらい暑かったり寒かったりする日もありますよね。

そんなときは、日本気象協会のtenki.jpの服装指数を参考に服装を考えるのがおすすめです。

tenki.jpでは調べたい地域の天気予報を10日先までチェックでき、天候に合わせた服装指数も表示されます。

こちらは参考までに札幌市の2019年6月の服装指数です。朝晩の冷え込みに対するアドバイスなどもあるので、出発前に確認しておくと良いですよ。

気温と服装の目安について詳しくは、こちらの記事もご覧ください。

気温と服装の目安について!季節や温度に合わせたコーデもチェック気温と服装の目安はとても難しいですよね。どれくらいの気温でどんな服装を選べばいいのか、季節によっても迷うものです。そこで当サイトでは、気温や服装に合わせたおすすめコーデや人気アイテムを画像付きで詳しくご紹介します。気温と服装に関するアプリについてもまとめているので、ぜひ参考にして快適なコーデでお出かけください!...

おまけ〜7月の北海道の楽しみ方〜

北海道の7月といえば、「白い恋人パーク」。

札幌にある「白い恋人パーク」は、北海道のお土産の定番『白い恋人』の工場見学ができるんです!

お菓子のテーマパークで、ヨーロッパ風の佇まいがおしゃれな札幌観光でも人気のあるおすすめのスポット。

ナツ
ナツ
お子様連れで北海道旅行を楽しむご家族にも、ぴったりのスポットね。

また、恋人や夫婦で観光するなら「美瑛のパッチワークの路」もおすすめ。

丘の町として知られる美瑛町の「パッチワークの路」は、見渡す限りなだらかな丘陵地帯が広がり北海道ならではの絶景が人気の高いスポット。

絶景を見るだけの為に北海道まで来る方もたくさんいて、カップルで眺めたらロマンティックですよね。

まとめ

今回は、北海道の7月の気温と服装についてご紹介しました。

ざっくりまとめると、

・7月の北海道札幌市の平均気温は最高25.7℃前後、最低18.2℃前後

・上旬は気温も高くなり、いよいよ夏本番という時期

・下旬は気温が急上昇し、夜も涼しく過ごしやすい

・紫外線が強くなる時期なので紫外線防止を

・日中はハーフパンツでOK、羽織りは必須

・足元は歩きやすく、細見えする靴をチョイスするのがおすすめ

・日焼け防止グッズで上手に紫外線カット!

・7月の北海道女子は涼しいコーデで紫外線防止が上手

という感じですね。

まさに7月は、一年を通して北海道旅行にもってこいの季節と言えるでしょう。

一番いい季節に北海道に遊びに行って、おしゃれをして楽しみたいですね。