地域別の気温と服装

7月の京都の気温や天気に合わせた服装やコーデまとめ!夏の暑さ対策も

夏の京都は浴衣姿の女性がたくさん、というイメージがありますよね。

はんなりした京都も、この7月は半袖やキャミソール姿の女性が多くなります。

7月の日差しに立っているだけでクラクラする京都ですが、イベントもたくさんあるので見応え十分。

そんな京都へ7月に初めて訪れるという方は、「京都の7月の気温ってどれくらいなの?」「どんな服装で行けばいいのかわからない!」とコーディネートに迷ってしまいますよね。

京都は朝から晩まで気温が下がることがないので、熱中症対策が大切。

できるだけ涼しい服装コーデがおすすめなんです。

ナツ
ナツ
安心して。このサイトは気温や天気と服装の関係に悩む女性のためのお役立ちサイトなの。気象庁やAccuWeaherの過去のデータを元に、7月の京都で快適に過ごすための気温情報やおすすめのコーディネートを紹介するわ

まずは7月の京都の平均気温について過去のデータを元に説明するので、すぐに7月の京都コーデを画像でチェックしたい!という方はこちらからご覧ください。

最後に7月の京都を満喫するための現地情報もまとめているので、あわせて参考にしていただけると嬉しいです♪

7月の京都の平均気温はどれくらい?

日本列島のほぼ中央に位置する京都府は、4,613.21平方キロメートルの面積を有しています。国土の1.2%で、47都道府県中31番目の大きさです。

そんな京都の7月は、6月などに引き続き前半は雨の日が多くなります。

寒暖差がかなりはっきりと出てしまう月でもあり、水分の持ち歩きがおすすめ。

適所で涼をとることも忘れてはいけません。

ナツ
ナツ
帽子や日傘はもちろんだけど、室内や館内はガンガン冷房が効いているから上着やカーディガンなどの羽織ものも必須よ!

こちらの画像は、AccuWeaherによる2018年7月の京都の月間気温です。

グラフを参考にすると、平均最高気温が33.0℃くらい、平均最低気温が23.0℃くらいというところでしょうか。

気象庁のデータによると、過去2年の京都の7月の気温はこのようになっています。

京都の7月の気温(℃)
年度 平均気温 月間気温
日平均 日最高 日最低 最高 最低
2018年 29.8 35.0 25.8 39.8 22.1
2017年 28.4 33.4 25.1 36.1 21.2

7月上旬の京都の気温

7月の上旬の京都はまだ梅雨があけてない年も多く、全体的に雨の日が続き最低気温が低めとなっています。

ただ、最高気温はやはり暑いです。

37℃を超える日もあり、日差しがなどが出ていたら日焼け対策を考えないといけません。

気温に関しては2018年は7月に京都での観測史上一番高い最高気温39.8℃、最低気温22.1℃という日がありましたが、一般的には最高気温が35.0℃前後、最低気温が25.0℃前後くらいと考えておけば良いでしょう。

参考までに、2018年7月1日の最高気温は34.9℃、最低気温は24.8℃、6月10日の最高気温は35.9℃、最低気温は24.3℃でした。

7月中旬の京都の気温

7月の中旬頃になると梅雨もあけ、徐々に雨の日が少なくなり晴れの日が多くなってきます。

ぐっと気温も上がり、平均気温が1℃前後上昇します。

もうこうなってくると夏真っ盛りという感じで、クーラーが欠かせない日常に。

2018年7月15日の最高気温は38.7℃、最低気温は26.1℃、7月20日の最高気温は38.6℃、最低気温は28.5℃でした。

7月下旬の京都の気温

7月下旬は晴れの日がほぼ続き、ぐんぐんと気温も上がってきます。

最高気温は38℃超える日も。もうすぐ40℃という日もあり、ほぼ灼熱状態に!

京都は山と山に囲まれた地形なので熱が逃げにくく、どこにいても暑いのです。

ジメジメとした暑さが続くので熱中症などに気をつけましょう。

ナツ
ナツ
水分補給や塩分など、熱中症にならないように補給をこまめにすることが大切よ。通気性の良い服、替えの着替えなどを用意しておくと安心ね。

とはいえ、気温だけ見てもどんな服装をすればいいのかピンとこないですよね。

そんなあなたのために、画像付きで7月の京都にぴったりな服装をご紹介します。

7月の京都におすすめの服装は?

京都の7月の日平均気温は2018年が29.8℃、2017年が28.4℃ということで、29.0℃前後に対応できる服装を意識しましょう。

ナツ
ナツ
せっかくの楽しい観光を熱中症になって倒れて台無し!なんてことがないようにしなきゃね。

通気性の良い服装コーデで快適に

7月の京都は高温多湿の気候なので、特に風通しが良くて夏に快適な服装を心がけるようにしましょう。

麻素材のワンピースでさらっと着こなす

夏はベタベタとしがちですが、麻素材はそれが少なく通気性も高いんです。

出典:WEAR

他の素材のものに比べて汗をかきにくい点が優秀で、見た目も涼しげですよ。

出典:WEAR

ナツ
ナツ
麻は何よりも通気性が高く、吸湿・吸水性に富んでいるから暑い時期に最適なのよ。

出典:WEAR

さらっと1枚でコーデしたり、デニムと合わせてもおしゃれにきまります。

足元はサンダルやパンプス、どんな靴とも相性バツグンですがたくさん歩く日はペタンコな靴が最適ですね。

この商品の詳細を見てみる

また、暑い日が続く7月なので帽子を合わせるとオシャレに紫外線防止もできます。

この商品の詳細を見てみる

シフォン・レーヨントップスでふんわりコーデ

レーヨンは化学繊維なのですが、吸湿性・吸水性に優れた生地となっていて、夏でもサラッと着こなせます。

そして、何よりも良いのが「柔らかい素材」ということ。

出典:WEAR

シンプルなカラーを選ぶと、京都にぴったりの大人コーデが完成します。

ふんわりとした生地感が女性らしく、デートコーデにもいいですね。

出典:WEAR

ホワイトのシフォントップスは、顔色をワントーン明るく見せる効果も。

黒のパンツとローファーを合わせて、さりげないおしゃれ女子を演出できます。

出典:WEAR

トップスをふんわりと女性らしく、ボトムスはチノパンなどでカジュアルダウンしてもおしゃれ。

ナツ
ナツ
京都に観光や旅行に行くのであれば、たくさん歩くからペタンコなパンプスやサンダルがおすすめよ。

この商品の詳細を見てみる

京都に観光であればお寺など足元が悪い場所など、たくさん歩くのでこんな靴もおすすめですよ。

この商品の詳細を見てみる

ナツ
ナツ
ローファーはぺたんこだけど、大人っぽくコーデできて歩くのも楽チンだからおすすめよ。

暑さ対策には羽織りで涼しくコーデ

いくら暑いとはいえ、ノースリーブや薄手すぎる服装だけでは逆に日焼けしたり冷房で寒かったりします。

そんなときは、薄手の羽織りが一枚あるだけでとても重宝しますよ。

薄手のカーディガンで冷房対策も

出典:WEAR

薄手のカーディガンがあると、ノースリーブで出かけてもさっと羽織れるから便利。

二の腕が気になるときにも上手に隠してくれるので、女性の強い味方ですよね。

出典:WEAR

どうしても暑いのは苦手、という方は半袖タイプのカーディガンがおすすめ。

出典:WEAR

シャツタイプの羽織りも、さっと羽織れて使わないときは腰に巻いたりできるから重宝します。

ナツ
ナツ
ロングの羽織りは、パンツスタイルにもワンピースやスカートにも合うから持っていると便利なのよ。

この商品の詳細を見てみる

服の上から紫外線対策に日焼け止めを塗ることも忘れずに。

この商品の詳細を見てみる

ナツ
ナツ
ベタベタするのが苦手な人でも、さらさらパウダースプレーならさっと吹きかけるだけで日焼け防止できるから便利なのよ。

気温や天気に合わせたコーデは服装指数も参考に

これまで過去のデータや体験談を元に7月の京都コーデを紹介してきましたが、過去のデータが参考にならないくらい暑かったり寒かったりする日もありますよね。

そんなときは、日本気象協会のtenki.jpの服装指数を参考に服装を考えるのがおすすめです。

tenki.jpでは調べたい地域の天気予報を10日先までチェックでき、天候に合わせた服装指数も表示されます。

こちらは参考までに京都市の2019年6月の服装指数です。朝晩の冷え込みに対するアドバイスなどもあるので、出発前に確認しておくと良いですよ。

気温と服装の目安について詳しくは、こちらの記事もご覧ください。

気温と服装の目安について!季節や温度に合わせたコーデもチェック気温と服装の目安はとても難しいですよね。どれくらいの気温でどんな服装を選べばいいのか、季節によっても迷うものです。そこで当サイトでは、気温や服装に合わせたおすすめコーデや人気アイテムを画像付きで詳しくご紹介します。気温と服装に関するアプリについてもまとめているので、ぜひ参考にして快適なコーデでお出かけください!...

おまけ〜7月の京都の楽しみ方〜

京都の7月といえば、「祇園祭」です。

祇園祭」は伝統的な祭りというだけでなく、美術的な美しさと京都府民の熱い魂が込められているので、観光に訪れた人は圧倒されてしまうほど。

14~16日に行われる『宵々々山~宵山』は、のんびりと祇園祭を楽しめますが、17日の『山鉾巡行』はその壮大な姿に圧倒しますよ。

祇園の舞妓さんの髪形にも変化があります。

勝山』という祇園祭ならではの形に『ぼん天』のかんざしをさすのです。

京都に7月に訪れた際は、いろいろな楽しみ方ができそうですね。

まとめ

今回は、京都の7月の気温と服装についてご紹介しました。

ざっくりまとめると、

・7月の京都の平均気温は最高35.0℃前後、最低25.8℃前後

・上旬は全体的に雨の日が続き、最低気温が低め

・下旬はジメジメとした暑さが続くので、熱中症などに注意

・通気性の良いコーデで見た目も涼しく

・紫外線防止は小物使いでしっかりと

・ペタンコ靴で歩きやすさも重視

・薄手の羽織りで日焼けと室内の寒さ防止を

・7月の京都女子は見た目も涼しい大人女子コーデが上手

という感じですね。

7月の京都はかなり暑い日が続きます。

湿度も高く、じめじめとした暑さですが涼しいコーデでお出かけすることで気分も良くなりますよ。

はんなりとした大人の街「京都」を、素敵なコーディネートでたっぷりと楽しめるといいですね。