地域別の気温と服装

東京ディズニーランド&シー1月の気温や服装は?冬の寒さ対策コーデも

みんな大好き夢と魔法の国、東京ディズニーリゾート。

1月は寒さも本番。海風も一段と身に染みる時期になります。

そんなディズニーには季節ごとに「適した」格好やアイテムがあるってご存知ですか?

これを知っていると知らないじゃ、満足感が全然違うのです!!

東京ディズニーランド&シーへ1月に初めて訪れるという方は、「東京ディズニーランド&シーの1月の気温ってどれくらいなの?」「どんな服装で行けばいいのかわからない!」とコーディネートに迷ってしまいますよね。

年明けのディズニー。

一体朝晩の冷えはどの程度なの?何か対策をしたほうがいいの?

と、いろいろ気になりますよね。

フユ
フユ
安心して。このサイトは気温や天気と服装の関係に悩む女性のためのお役立ちサイトなの。気象庁やAccuWeaherの過去のデータを元に、1月の東京ディズニーランド&シーで快適に過ごすための気温情報やおすすめのコーディネートを紹介するわ。

まずは1月の平均気温について過去のデータを元に説明するので、すぐに1月の東京ディズニーランド&シーコーデを画像でチェックしたい!という方はこちらからご覧ください。

最後に1月の東京ディズニーランド&シーを満喫するための現地情報もまとめているので、あわせて参考にしていただけると嬉しいです♪

1月の東京ディズニーランド&シーの平均気温はどれくらい?

太平洋側、そして日本のほぼ真ん中に位置する千葉県浦安市が東京ディズニーランド&シーの所在地です。

フユ
フユ
「東京」ディズニーランドだけど、千葉県にあるのよね。

よく耳にする「舞浜」というのは、浦安市に所在する地域の名前です。

この南側大部分が東京ディズニーリゾートの所有地で、北側は居住地になっています。

こちらの画像は、AccuWeaherによる2019年1月の東京ディズニーランド&シー近辺の月間気温です。

グラフを参考にすると、平均最高気温が9℃くらい、平均最低気温が3℃くらいというところでしょうか。

気象庁のデータによると、過去2年の東京ディズニーランド&シーの1月の気温はこのようになっています。

東京ディズニーランド&シーの1月の気温(℃)
年度 平均気温 月間気温
日平均 日最高 日最低 最高 最低
2018年 4.9 10.1 0.1 15.3 -2.1
2017年 4.1 9.0 -0.4 14.9 -4.1

1月上旬の東京ディズニーランド&シーの気温

年明け1月は寒さも本番。

2019年のデータで見てみると最低気温は軒並み氷点下の数字が並んでいます。

最低気温は夜明け前に出ていることが多く、開園前から並ぶとなると氷点下とはいかなくとも、かなり低い気温の中じっと並んでいなければならないことになります。

最高気温も10度前後の日が多く、曇りや雨ともなると一桁の最高気温の日も出てきます。

参考までに、2019年1月1日の最高気温は11.1℃、最低気温-1.9℃、2019年1月10日の最高気温は5.2℃、最低気温が-1.8℃でした。

1月中旬の東京ディズニーランド&シーの気温

次に1月中旬の気温を見てみましょう。

中旬も最高気温は5度前後の日が多くなっています。

インフルエンザなどの冬季に流行る風邪も徐々に広がってくる時期にもなっているので、十分注意が必要です。

例年冬場れが多い時期ではありますが、乾燥には注意です。

喉の乾燥は風邪のもとにもなりますので、こまめな水分補給を心掛けましょう。

2019年のデータによると、1月15日の最高気温は11.2℃、最低気温は-0.3℃。
1月20日の最高気温は13.1℃、最低気温は0.7℃でした。

1月下旬の東京ディズニーランド&シーの気温

それでは最後に1月下旬の気温を確認しましょう。

2019年1月25日の最高気温は9.2℃、最低気温は1.9℃でした。
そして1月30日の最高気温は10.5℃、最低気温は-1.2℃でした。

寒い日が続きます。

舞浜は特有の海風が吹くので、この時期は特に天気だけでなく風の強さも注意してください。

風のある日の体感気温はマイナス3℃とも5℃とも言われています。

しっかりとしたアウターで防寒しましょう。

雪の心配ですが、関東ではここ数年雪が降る日が少ないです。

もし降ったとしても、ディズニーランドはパーク全体が水はけのよい素材で出来ているので安心です。

またキャストさんがすぐに雨や雪のケアをして道を歩きやすくしているので、降雪でクローズすることはここ数年はありませんでした。

とはいえ、気温だけ見てもどんな服装をすればいいのかピンとこないですよね。

そんなあなたのために、画像付きで1月の東京ディズニーランド&シーにぴったりな服装をご紹介します。

1月の東京ディズニーランド&シーにおすすめの服装は?

東京ディズニーランド&シーの1月の平均気温は2019年が4.9℃、2018年は4.1℃ということで、4℃前後に対応できる服装を意識しましょう。

フユ
フユ
いよいよ一桁対策が必要になってきたわ。でも防寒対策ばっかり頑張って、着込みすぎておしゃれじゃなくなるのは困るわね。逆におしゃれにばかり気を使って結果的に寒くて風邪をひいちゃったり。どちらにもならないようにおすすめのコーデを紹介していくから参考にしてね♪

1月のディズニーランド&シーにおすすめの服装やコーデを紹介

それではいよいよ具体的におススメの服装についてご紹介していきます。

気温のところでもご紹介したように、一日の中で最高気温9℃前後、最低気温3℃前後にまで対応できるような服装がベストです。

手持ちの中で最上級の防寒を!

気温が低く、風が吹くこの時期、お手持ちの中でも最上級の防寒をしましょう。

しかし寒いからといってやみくもに何枚も着ても、防寒効果がないうえに着ぶくれしてダサダサになってしまいます。

そこでスマートな重ね着がベスト!

ここではディズニーの寒さを乗り切り、かつおしゃれを叶えるポイントをお教えします。

 持っている中で最強のアウターを用意すべし

重要になってくるのがアウター

ディズニーでは室内外の温度差がとても激しくて、調整が難しいです。

アトラクション内やレストランやショップでは案外暖房がきいていて暑いくらいだったりもします。

そこで中に着脱しにくい厚手の重ね着はおすすめできません。

外の寒さはアウターで防御しましょう。

ベストはやっぱりダウンコート!

出典:Instagram

保温性をに優れていて軽くて冬の味方です。

こんなふうにカラフルなダウンなら、暗くなりがちな冬スタイルもパッと華やかに。

出典:Instagram

また、形も様々です。

裾がふわっとしたワンピ風のダウンなら、それだけでアウターなのにおしゃれにきまります。

出典:Instagram

こちらは、ネイビーでシンプルな形ではありますが裾にフラワーの刺繍がありとても可愛らしいですね。

結んだリボン部分にも刺繍で抜かりないおしゃれアウターです。

出典:WEAR

ダウンコートはもさもさするのでアトラクションに乗ることを考えるとショート丈をおすすめするのですが…さすがに1月2月はロングで防寒がベストでしょう。

他にもこんな中綿ブルゾンもいいですね。

軽くてあったかく、その上軽やかなカラーで重たい印象もありません。

出典:Instagram

保温性抜群のムートンコートもいいですね。

裏起毛で肌触りもふんわりあったか♪

出典:Instagram

 トップスは保温性を確保できるものを

次に、中に着るトップスになります。

長袖の綿のTシャツなどの上にセーターやトレーナーなど保温性の高いもののを重ねるのがベストです。

例えば中に着る長袖はこんなボーダーTシャツはいかが?

前後で着丈に差があるので、上にパーカーなどを着ている時はボトムにインして、上を脱ぐ時には出してもカワイイですね。

出典:WEAR

やっぱりディズニーだから、中もキャラクターがいい!という方には、こんなロンティーがいいですね。

キャラクターに抱きしめられているプリントで脱いでもハッピー♪

この商品を詳しく見てみる

そして長袖アイテムの上に着るのは、こんなディズニーパーカーがテンションあがりますよね。

アトラクションに乗るときやレストラン内でアウターを脱いだら、パッとキャラクターが現れたりしたら、それだけで楽しさが倍増しちゃいます。

出典:Instagram

また、きれい目派の方や寒さに弱い方は保温性の高いニットやセーターが良いでしょう。

ドルマンスリーブがとてもおしゃれな一枚は保温性もバッチリ。

カラーバリエーションも豊富でプチプラなので、色ち買いしても普段使いできますね。

この商品を詳しく見てみる

フユ
フユ
首元が空いてるから寒いのでは?と思うかもしれないけれど、私はディズニーではあえてハイネックは選ばないの。首元はマフラーなどのアイテムで調整しやすいコーデをおすすめするわ。

ビッグシルエットのニットセーターなら、おしりまで隠れて暖かく、スタイルアップも。


出典:Instagram

インナーは速乾性の良さが決め手

そしてこれもとても大切になります。

インナー、つまり肌着です。

冬のディズニーランド&シーでは上下ともにヒートテックのインナーが断然おすすめ。

インナーは素早く汗を吸水し速乾性に優れ、かつ保温性の高いものが理想的です。

最近では様々なブランドが高機能インナーを競って開発しています。

この商品を詳しく見てみる

より効果的に吸汗・速乾・保温するための工夫がされているものを選びましょう。

もちろん、トップスだけでなくボトムにインナーも忘れずに。

フユ
フユ
綿の肌着は汗を吸収するけれど乾きにくいのよね。汗冷えの原因になるからなるべく避けた方が良いわ。

 ボトムはロングかミニかよりも、ヒートテックを重視!

基本的には寒い時期にはパンツのほうが動きやすいし、暖かいのですが、普段からデニムなどのパンツをはかないよという方もいるかと思います。

足元の冷えは大敵!

でもだからとい言ってスカートやショートパンツは×と言うわけではありません。

きちんと工夫していれば大丈夫なんです。

このようにショートパンツにはヒートテックのタイツを合わせてください。

靴はフラットタイプのロングブーツでもいいですね。

出典:WEAR

また、ヒートテックタイツにレッグウォーマーをプラスすると、あたたかさも倍増。

ルーズソックスを思わせる学生さん風カジュアルスタイル。

出典:WEAR

ロング丈でも裾がふわっと広がったデザインのワイドパンツやオーバーオールなどは、ヒートテック素材のレギンスやタイツなどを中に履くのを忘れないでくださいね。

出典:WEAR

裏起毛のタイプのレギンスやタイツ、トレンカも各社様々なものが出ています。

とっても暖かいですし、カラーも豊富ですので、ボトムや靴の色に合わせて幾つか持っていると重宝しそうです♪

この商品を詳しく見てみる

冬のディズニーの足元はどうする?

それでは次に足元です。

たくさん歩き回るディズニーですが、足元を考える時にそれだけで決めてはいけません。

屋外でのアトラクションの待ち時間や、ショーやパレードの待ち時間の間の動きが少ない時間、足元の防寒をきちんとしておかないと芯から冷えます

そこで断然おすすめなのがムートンブーツ

パークの冬に一番多くみかける靴です。

こんなデニムスタイルでしたらインしてブーツを多めに見せるのもポイント。

ぺたんこなら長時間歩くディズニーでも安心ですし、中もふわふわあったか。

出典:WEAR

ガーリーなデザインをお好みの方にはこんなムートンはいかがでしょう?

シンプルなカラーですが、バックに丸めのフォルムのリボンが二重にあしらわれていてとってもキュート。

出典:Instagram

ブーツだと蒸れて嫌、という方にはハイカットのスニーカーなんていかがでしょう?

出典:WEAR

やっぱりかわいいコンバースがイチオシ。

スカート派にもぴったりですし、カラータイツとの相性もばっちりなんです。

出典:Instagram

当然デニムとの相性は完璧です。

コンバースのスニーカーはカラーバリエーションがとても豊富なので、暗くなりがちな冬のコーデの差し色にもなりますね。

出典:WEAR

その時、靴下は厚手のものを選んでくださいね。

タイツやレギンスと合わせるときもヒートテックか厚手のものなら寒さにも安心ですね。

 意外と盲点!リュックはもう一枚の防寒具♪

冬のディズニーのコーデでは、バッグ選びも重要になってきます。

冬は何かと持ち物が多くなりがちですよね。

例えば次項のチェックリストのものを全て持っていくと考えるとかなりの荷物になります。

それらを邪魔にならずに持ち歩ける、という点でもリュックはとっても優秀です。

出典:Instagram

大き目のトートやショルダーバッグを持っている人もよく見かけますが、あまりおすすめしません。

長時間パークであるくには片側に負荷がかかるバッグは疲れてしまいます。

また、おしゃれな小さめなバッグで…という方もよくパークで見かけるのですが、手に荷物を大量に持つ羽目になって結構大変そうです。

そんなわけで、冬は絶対リュックできまり!!!

とにかく収納力が違います。

ペットボトルもサイドに入るものが多いので、本当に手ぶら!

出典:Instagram

いやいや、そうは言ってもカワイイ系コーデには似合わないでしょ?と思っていませんか?

見つけちゃいました。

こんなキュートなリュック!!

これならカワイイ系のスタイルにもぴったりです。

出典:Instagram

こちらはカワイイ女子大好きのサマンサのリュックです。

小さめのリュックが多い中で、こちらは収納力も抜群でサイドがリボンになっているところがとびきりキュートで「さすが!」としか言いようがない一品です。

出典:Instagram

また、リュックの良いところは収納性だけじゃないんです。

背中にリュックがあるだけで、結構暖かいんですよ。

これだけで一枚羽織っているのと同じかとおもうくらいの防寒性があるのです。

カジュアルなコーデにも、きれいめコーデにも合うような様々なリュックが展開されているので、是非色々探してみてくださいね。

防寒用持ち物チェック&対策

これまで何度も書いてきましたように、12月~3月にかけてのディズニーランドは10℃以下にまで気温が下がる日が多いです。

そして周りが海ということもあるので、海風が吹き、体感気温はそれ以下となるのです。

そんな時のための防寒グッズをまとめてみました。

防寒のための必需品

それでは具体的な防寒お助けグッズをリストアップしていきます。

寒さに弱い方は参考にして持ち物をチェックしていだだけたら良いですね。

ホッカイロ(靴や靴下に貼るタイプもあるとなおよし)

マフラーストール、スヌードなど首回りをまもるもの

ニット帽、温かいファンキャップ

フユ
フユ
もこもこ素材のファンキャップは冬季限定の販売なのよ。お気に入りのファンキャップをお土産に買っていくのもいいわね♪

手袋

小さくなるタイプのブランケット(パレード待ちの時などに重宝します)

フユ
フユ
パレード待ちの時は本当に冷えるから、おしりの下に敷くのにも使えるわよ♪

気温や天気に合わせたコーデは服装指数も参考に

これまで過去のデータや体験談を元に1月のディズニーランド&シーコーデを紹介してきましたが、過去のデータが参考にならないくらい暑かったり寒かったりする日もありますよね。

そんなときは、日本気象協会のtenki.jpの服装指数を参考に服装を考えるのがおすすめです。

tenki.jpでは調べたい地域の天気予報を10日先までチェックでき、天候に合わせた服装指数も表示されます。

こちらは参考までに千葉市の2019年5月の服装指数です。朝晩の冷え込みに対するアドバイスなどもあるので、出発前に確認しておくと良いですよ。

気温と服装の目安について詳しくは、こちらの記事もご覧ください。

気温と服装の目安について!季節や温度に合わせたコーデもチェック気温と服装の目安はとても難しいですよね。どれくらいの気温でどんな服装を選べばいいのか、季節によっても迷うものです。そこで当サイトでは、気温や服装に合わせたおすすめコーデや人気アイテムを画像付きで詳しくご紹介します。気温と服装に関するアプリについてもまとめているので、ぜひ参考にして快適なコーデでお出かけください!...

おまけ〜1月のディズニーランド&シーの楽しみ方〜

では最後におまけで1月のディズニーを少しだけご紹介します。

ディズニーランド&シーでは、新年1月1日から5日までの5日間、両パークでお正月プログラムが開催されます。

ミッキーやミニーをはじめとするディズニーの仲間たちが、華やかなお正月の衣装に身を包み、新年のご挨拶をしてくれます。

エントランスにはお正月の時期にしか見ることのできない門松が飾られています。

毎年干支にちなんだ門松になっているので注目してみてくださいね。

そして、2020年は1年限りのスペシャルプログラムが開催されます。

1月10日から開催されるプログラム、その名も

「ベリー・ベリー・ミニー!」

名前の通り、ミッキーマウスの永遠の恋人・ミニーマウスが主役のキュートでポップな要素がつまった新しいスペシャルプログラムです。

ショーベースでは、ミニーマウスとディズニーの仲間たちがさまざまなコスチュームを身にまとい、新たなテーマソングやこれまでパークを彩ってきたエンターテイメントの音楽に合わせて繰り広げるレビューショー「イッツ・ベリー・ミニー!」を公演します。

また、もう一つの注目は、パレードルートで行われるミニパレード「ベリー・ミニー・リミックス」です。

見る日と鑑賞場所によって、懐かしくも新しい世界を複数のパターンでお楽しみいただけます。

つまり、場所と時間が違うと全く違うパレードを見られるというお得感♪

ミニー好きさんはもちろんのこと、初心者の方も華やかなショーでウキウキワクワク、楽しくなること間違いなしです。

また、東京ディズニーシーでは、スペシャルイベント

「ピクサー・プレイタイム」

が開催されます。

ピクサー映画の世界をテーマにしたとてもポップでカラフルなイベントとなっています。

「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」「ベイマックス」などが好きな方にはたまらない時期なのです。

またダッフィーのスペシャルプログラムも開催予定です。

詳細はまだ未定ですが、ダッフィーは毎年とても可愛らしいテーマで、グッズも長蛇の大人気になることが多いです。

ダッフィーファンは要チェックですよ!

フユ
フユ
ダッフィーの新グッズの発売日はいつも何時間もの行列ができるのよ。入場制限や購入制限のあることも多いから、絶対欲しいものがあったらチェックしておいて。

まとめ

今回は、ディズニーランド&シーの1月の気温と服装についてご紹介しました。

ざっくりまとめると、

・1月のディズニーランド&シーの平均気温は最高9℃前後、最低4℃前後。
・上旬はいよいよ寒さも本番。最低気温もマイナスの日が多くなってくる。
・下旬はインフルエンザなどの流行性の風邪も本格化してくる。乾燥にも注意。
・海風がかなり強く吹く日があるので、アウターは特に最強のものを。
・1月2月に関してはダウンもロング丈がおすすめ。
・トップスは保温性を確保できるものを。乾きにくい綿の肌着は汗冷えの原因に。
・肌着の上には長袖+α。パーカーや保温性の高いニットやセーターを合わせて。
・ショート派やスカート派ならヒートテックタイツをチョイスすれば大丈夫。
・1月のディズニーランド&シー女子は、上手な重ね着でかわいく防寒♪

という感じですね。

春夏秋冬いつ何度行っても表情を変えるディズニーリゾート。

友達や恋人や家族とたくさん素敵なお写真を残してみてくださいね♪

くれぐれも防寒対策はお忘れなく!